• yuieveryyoga

ヨガホイール○お勧め素材から選び方のヒントに!



今回はヨガホイールの選び方についておすすめをご紹介していきます!


最近注目を集めているヨガホイール○

その種類、素材も増えてきました!

値段にも数千円の差があるので

安価なものとの違いも気になるところ。


それでは解説を交えながら、

おすすめヨガホイールを見ていきましょう!!





外側のカバー素材が決めて!

ヨガホイールを一周して付いているカバー素材。

見た目だけではなく体への効果にも大きな差があります。

さらにその種類は主に4つに分ける事ができます。


  1. コルク

  2. TPE

  3. PU

  4. シリコン





コルク おすすめ★★☆☆☆

  • すべりにくさ×

  • 汗の拭き取り×

  • 側面のカバー加工×

  • 塗装の剥がれ、カバー破れキズ等○

  • 見た目デザイン性○

  • 日光や熱に強い○

  • アルコールや水拭きのお手入れ△

こちらは、見た目で人気の高い商品。

ただポーズをとるにはすべりやすく、

それにより深める事が出来ないポーズも出てきてしまいます。

グリップ性はヨガホイールを選ぶ時はとても重要

汗も吸収してしまうので夏場の使用やホットヨガには不向き。清潔さは△です。


TPE おすすめ★★★☆☆

(TPE以外の素材が混ざってる場合を含む)

  • すべりにくさ○

  • 汗の拭き取り△

  • 側面のカバー加工×

  • 塗装の剥がれ、カバー破れキズ等△

  • 見た目デザイン性○

  • 日光や熱に強い△

  • アルコールや水拭きのお手入れ△

ヨガホイールはほとんどこの素材です。

見た目のデザインは様々で可愛い物も多くありますが、TPEと記載があっても素材感が会社や加工の差でかなりバラつきがあります。

もろい物に当たってしまった場合、

塗装が剥がれたり、カバーにギズや破れが目立つ物もあります。それにより防水の差も出ます。値段が高い商品でもTPEの記載だけでは良い物を見つけるのが難しい。




PU おすすめ★★☆☆☆


  • すべりにくさ○

  • 汗の拭き取り△

  • 塗装の剥がれ、カバー破れキズ等×

  • 側面カバー加工×

  • 見た目デザイン性△

  • 日光や熱に強い×

  • アルコールや水拭きのお手入れ○

こちらもデザインは様々ですが、

柔らかい素材な為に爪などで簡単にキズがついてしまいます。

使い方により個人差がかなり出てしまいます。また日光や熱に弱い素材です。

夏場などの屋外やホットヨガなどは難しそうです。



高級シリコン おすすめ★★★★★


  • すべりにくさ○

  • 汗の拭き取り○

  • 塗装の剥がれ、カバー破れキズ等○

  • 側面カバー加工○

  • 見た目デザイン性○

  • 日光や熱に強い○

  • アルコールや水拭きのお手入れ○

108.Tokyoヨガホイールは珍しい

シリコンカバー。

しっかりした弾力性があり、

傷や破れを防いでくれます。

さらに側面までカバー加工が施されているので側面のキズまでもカバー。

安全性も増します。

カバー全体の凹凸の加工により

グリップ性も抜群です

転がすだけでも効果を感じられ

一石二鳥。

さらに汗や水も弾くので簡単にお手入れが可能。清潔さを保ちます。

オールシーズン、

ホットヨガでも使用可。

デザインは内側に塗装。これによりデザインが剥がれる心配もありません。

お洒落で高級感あるデザイン性はインテリアとしてもおすすめですね。



安価な物はたくさんありますが、

使用感も含めて長く愛用できる物を選ぶのが結果的には良いのではないでしょうか??

36回の閲覧0件のコメント

​108&Co.