• yuieveryyoga

ヨガホイールを使い背中をほぐすと得られる3つの効果とは!

最終更新: 2月20日


ヨガホイールを使い背中の下をコロコロと転がしている場面。見たことある方もいるのでは??


見ているだけで心地よさそうですよね。

だけど実際どんな良い事があるのでしょうか??


今回は、醍醐味でもあるヨガホイールを使い【背中をほぐすと得られる】身体への効果を3つ紹介していきます!




1.自律神経のバランス、ホルモンのバランスを整える

なんとなく不調。やる気が出ない。イライラする。冷えやむくみ。下痢や頭痛。そんな症状を感じた事がありませんか?

これらの症状は自律神経やホルモンの乱れが原因だったりする事もあります。ストレスや運動不足により背中の筋肉が固まってきたり背骨を柔軟に動かせなかったりする事で、自律神経はうまく機能する事ができません。

ヨガホイールを使って背中(背骨)にアプローチしていくと自律神経と関わりのある背骨周辺、それらの筋肉の緊張を緩ませ、それにより自律神経やホルモンのバランスが整い心も体もスッキリと軽くなっていきます。




2.リンパを促し血行促進【むくみやコリ疲労回復

私たちの体には血液と似たリンパ液と言うものが存在し、白い血とも呼ばれ全身を循環しています。またリンパ液はリンパ節という免疫力と深く関係のある器官を通過しウイルスや細菌とも戦っています。その流れを妨げてしまう筋肉の固さや過緊張。

血流やリンパの流れが滞り、体に老廃物や余計な水分が増え、さらには免疫力も低下していきます。リンパ管は柔らかいためヨガホイールを使ってほぐしたり、筋肉を動かす事でリンパ官に刺激が入ります。血行を促進、リンパが流れ免疫力も向上。リラックス効果、冷えやむくみ、代謝アップ!ダイエット効果!様々な嬉しい効果が期待できるのです。







3.ほぐす事で可動域が広がり柔軟性アップ!姿勢改善!

悪い姿勢のイメージでもある、猫背や首だけ前に突き出た状態。肩が前に出ていたり重心が前後または左右にどこかに偏り、

筋肉の緊張、または筋力が低下しているなど全身にバラつきが出てきます。

その状態から柔軟性をあげようとしても体を痛めてしまう原因にも。さらに体はバランスを保つ為、どこかが歪めばその先も歪ませる事でカバーしようとします。結果的にそれが悪い姿勢クセとなり、首や肩のコリはもちろん体の不調の原因になります。



そこでヨガホイール使った背中のほぐしで自然と胸が開きマッサージ効果や背中の筋肉を緩ませる事で柔軟性を向上させます。力を加えずほぐすことが出来るので可動域が広がりると同時に呼吸も深まり、背骨にスペースが出来上がります。重心を整える手助けをし、続けていく事で姿勢改善、柔軟性アップなど、見た目にも変化が期待できそうです!




いかがだったでしょうか?

今回は3つの効果をご紹介しましたが、

ヨガホイールを使うことで得られる効果はまだまだたくさんあります。皆さんもヨガホイールを使ってその変化を体験してみてはどうでしょう

59回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示